--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009_11
04
(Wed)10:06

ルーブル美術館

P1090563_SP0002.jpg
2日目、一度ホテルへ戻ってから夕方ルーブル美術館へ行きました。
いつもは18時閉館ですが、この日は21時45分まで開館していたので、夕方からでもとても混んでいました。
ガラスのピラミッドができてから、ルーブルへいくのは初めてです。
P1090567_SP0000.jpg
ガラスのピラミッドが入り口になっています。吹き抜けから地下を眺めた様子です。
IMG_0016_SP0000_20091102230427.jpg
ミュージアムパスを使って入り、インフォメーションで日本語のパンプレットをもらいました。
ルーブルの展示棟はドノン翼とシュリー翼、開館200周年の1993年に創設されたリシュリー翼の3翼がコの字型になっています。
天井画も素晴らしいものばかりでした~。
まずはドノン翼へ。。。
IMG_0023_SP0000.jpg
イタリア絵画の展示されている場所から「ラファエロ・サンツィオの聖母子と幼児ヨハネ」という作品です。
IMG_0028_SP0000.jpg
「ヴェロネーゼカナの婚礼」
聖書の中に当時の華やかな王侯貴族たちを登場させ、ヴェネツアの婚礼の様子を描いている作品です。
IMG_0009_SP0000_20091104093029.jpg
「サモトラケのニケ」
エーゲ海に浮かぶサモトラケ島の高台で発見された。顔と両腕が失われれていたが、のちに右手が発見され、ルーブルに保管された。ニケとはギリシャ神話に登場する勝利の女神の名前。
ミロのヴィーナスと双璧をなす逸品です。
ミロのヴィーナスも見たかったのですが、残念ながらたどりつけず...
P1090574_SP0000.jpg
さて、ルーブルといえば「モナリザ」ですよね、やはり一番の人だかりでした..
数十年まえに同じルーブルで見ましたが、何度みても感激です。
IMG_0029_SP0000.jpg
そんな中、やはり望遠レンズがこんなときにも役にたちます。UPで撮影ができました。
IMG_0030_SP0001.jpg
フランス王家の宝飾品を展示する「ギャルリー・ダポロン」
IMG_0033_SP0000_20091104093029.jpg
IMG_0040_SP0000.jpg
IMG_0038_SP0000.jpg
王冠もUPでどうぞ...
IMG_0035_SP0000.jpg
以前東京で開催されたルーブル美術館展にも展示されていたような素晴らしいBOXがずらりと並んでいました~。
この後、フェルメールの「レースを編む女」を見る予定だったのですが、あまりに遠く、地図を持っていても迷路のようで迷っていまいました。
IMG_0047_SP0000.jpg
迷いながら、出口を探しているときに通った古代エジプトの美術のコーナーです。
1週間通っても見切れないのでは?と思うくらいの世界最大級の美術館です。
必見といわれるものだけをみても、移動に時間がかかり、1日がかりでやっとなのでは?と思いました。
IMG_0043_SP0000.jpg
帰るころには日も暮れて、素晴らしい夜の風景に出合えました。
IMG_0050_SP0000.jpg

IMG_0055_SP0000_20091104100450.jpg
先に一度ご紹介したエッフェル塔はこの時ルーブル美術館前から撮影したものです。
素敵にライトUPされたエッフェル塔も見れて、大満足の1日でした~。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

うわ~!

やっぱり~ルーブルはゆっくり時間をかけて拝観したいですね!
イタリアの美術館では、ガイドさんのガイドを聞きながら小走りについていくのが必死でしたので写真も思うように撮れませんでしたわ。
室内撮影はとくに~ぶれるし難しいですよね? w
swanseaさんのナイスなセンスで見るパリは、とってもー素敵ですわv-10v-218

2009/11/04 (Wed) 16:44 | きりちゃん #- | URL | 編集 | 返信

きりちゃんへ

ルーブル、広いなんて一言では言えないほどです。
今自分がどのあたりにいるのかさえ、わからなくなりました~(笑い)
私はイタリアのときも美術館は個人行動で集合時間だけ伝えられたので自分たちでみましたが、あちらも広かったですよね~?でもそれどころではありませんよ。。
旅行も何を目的にするかをしっかり計画していかないと、限られた日程のなかで、あれこれ行きたいと思うとできませんね~~v-404

美術館は日本と違って撮影はできますが、フラッシュなしのためISO感度を上げて撮影しました。

2009/11/04 (Wed) 23:07 | swansea #bzk4crjo | URL | 編集 | 返信

ルーブル

私もルーブルに入ったのはずっと昔なので、まだピラミッドが出来る前でした。
夜のルーブルも素敵ですね♪
ダ・ヴィンチ・コードを思い出しました。
あちらは美術館内も撮影OKでビックリですよね。
でも、あれもこれも画像に残すと、大変(~_~;)
帰ってから、画像の整理に時間がかかったでしょ?
楽しませていただいています♪

2009/11/04 (Wed) 23:25 | yuu #- | URL | 編集 | 返信

yuuさんへ

yuuさんも以前行かれたのはガラスのピラミッドができる前だったのですね。私なんて、前も前数十年も昔の話です...

夜のルーブル,素敵~と思ってくださってうれしいです。
ダビンチコードは、映画館はほとんど眠気に勝てず覚えていないのです(笑)
また改めて、見たいと思いました。
写真撮れるのはいいのですが、yuuさんがおっしゃるように、あれもこれもと残そうと思うと大変ですね。
カメラ好きなので、どうしても撮りたくなっていまいますぅ~~

2009/11/05 (Thu) 11:27 | swansea #bzk4crjo | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。