--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005_11
28
(Mon)13:39

イタリア4都市周遊の旅-ローマ

ホテルへ到着後、お友達になったHさんとKさんのお二人と
明日ヴァチカンへ一緒にいくことになり、打ちあわせと称して
お部屋へお邪魔しました。
とても楽しいお二人なのでついつい話が尽きず気がつくと時計の針が
12時を回っていて...驚いて自分達の部屋へ戻り休むことに。..

翌日、昨日とともにこの旅でようやくお天気に恵まれることができました。
このホテルはかなり郊外にあるので、市内の中心部までシァトルバスがでて
います。9時発のバスに乗り、降りてからは地下鉄で行くことにしていました。

バスを降りてからの方角が良くわからなくて、途中露店でお水を買い
駅の場所を聞いてみることにしました。
やはり思ったところとは反対方向へ歩いていたようですが、怪我の功名で
真実の口の場所をとおることになり、ラッキー!!
昨日ここもバスからの見学だったので...
以外に人もすくなかったので記念写真をとり、駅へ向かいました。
地下鉄はテルミニ駅で乗りかえて、ヴァチカン市国へ
P1010171vs.jpg

P1010172vs.jpg

まず、さきにヴァチカン博物館のシスティーナ礼拝堂を目指しました。
ホテルをでるのがゆっくりだったため、やはり凄い混み具合でした。
P1010117rm9.jpg

エンジェル達をご紹介しましょう
P1010128rm9.jpg

P1010132rm10.jpg

↑は大きな絵の一部分です
P1010153vt.jpg

ミケランジェロ1541年作の゛最後の審判”縦13m、横14.5mの祭壇奥の壁を450区画に区分し、450日あまりで仕上げられたとされています。
P1010159mk.jpg

P1010161re.jpg

とても端正な顔立ちの天使が,,,
P1010168vs.jpg

螺旋階段は出口専用になっています。
システィーナ礼拝堂見学のあとは、おなかがすいたので、博物館内にあるお店でピザを食べて,
Hさん、Kさんとお別れして私達2人はサン・ピエトロ大聖堂へ,.
P1010177vs.jpg

P1010179vt.jpg

聖堂内の一番手前の礼拝堂にあるミケランジェロのピエタ像
P1010193vs.jpg

P1010018vt.jpg

ヴァチカン関係のおみやげものです。
馬車の絵がついたものは1985年のもの、もう一つの封筒は1975年のものです。
この後はクリスマスオーナメントなどの雑貨を探しにホテルの人に教えて
もらったお店へ地下鉄へ乗っていってみることにしました。
駅を降りて地図を見ながら、歩いていると他の雑貨やさんを見つけ入ってみました。
P1010203rm.jpg

ありました~~私好みのもの☆
ヴィクトリアンのそりに乗った女のこたち、でもMade in Caina しかも
見た目よりお値段も素敵!しばらく悩んで諦めることに...
買ったものは日本でも売ってるだろうな~と思いながらVillroy&Boch
の陶器のオーナメントを買いました。やっぱり女の子にしておけばよかった
かな?
P1010011vb.jpg

その後、教えてもらったお店へはたどり着いたのですが、私の好みとは
ほど遠く、シャトルバスの時間までお茶をしようとCAFEを探していたら
リボンやブレードなどのお店を発見!
もう嬉しくなって、すぐ入ってみました。
ブレードやタッセルなど沢山の種類がありました、その中で買ったものは
これです!
P1010010br.jpg

P1010206ct.jpg

思いがけないお買い物のあとは、近くで見つけたCAFEでカプチーノを頂き
しばしのんびり...
ヴェネツァ宮殿の先のところからシャトルバスに乗り、ホテルへ帰りました。
いよいよ、次はイタリアを後にします....
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

なつかしの・・・

swanseaさん、こんばんは。
システィーナ礼拝堂に、こんなにたくさん、いろんな種類の天使がいたのですね~。いいですね~。
ミケランジェロのピエタ像は、その昔、その前で感動のあまり動けなくなってしまったものでした。マリア様のお顔やイエスの体全体から訴えかけてくる何かに心打たれました。

クリスマス・グッズは残念でしたね。そして、噂の手芸屋さんがここですね。タッセルの深い色合いがswanseaさんしてます。

え、イタリアを離れるの~?
やだやだ~(じたばた)。

2005/11/30 (Wed) 21:56 | Yumi #kbLkU4DI | URL | 編集 | 返信

ご無沙汰しています。

swanseaさん!素敵な旅私も満喫しながら拝見しています。
オリエント急行と今日ご紹介のシスティーナ礼拝堂というと父のことを思い出します。
大部前になりますが確か日本TVだったと思いますがこの礼拝堂のミケランジェロの絵の修復の番組があったと記憶していますが
それに関連して父が(どうして行く事になたかは今になっては定かではありませんが。。)他の方たちといっしょにオリエント急行に乗りそしてミケランジェロの絵を見る機会に恵まれ
意気揚揚と出かけたことそして帰ってきてからの少しのお土産とたくさんのお土産話をしてくれたこと。
そうそう~私も今より若いときに(!)訪れたローマのトレビの泉で後ろ向きでコインを投げました・・きっといつかはもう一度訪れることが出来ると信じてね!
よぼよぼにならないうちに訪れることが出来るといいのだけど。。  

2005/12/01 (Thu) 14:52 | ゆうすげ #CvGW3GPU | URL | 編集 | 返信

私もいつかは

ローマは快晴だったんですね。
昔、システィーナという栗毛の美しい馬がいて、由来を尋ねたらオーナーがシスティーナ礼拝堂が印象に残っているのでこの子につけたんだよと教えてくれました。それ以来私もいつかは行ってみたいと恋焦がれているんです。
Angelのレリーフも何もかもすごいの一言ですね。カプチーノの香りがしてきそう~

2005/12/01 (Thu) 17:18 | eiko #- | URL | 編集 | 返信

Yumiさんへ
エンジエル達、もっといろんなところにいたかもしれません、とびきりかわいい子揃いでしたよ
ピエタ像、感動のあまり動けなくなったのは
凄い経験ですね~~、最近はいろんな意味で感動が薄くなってしまって、いけません...
その気持ち大切にしたいものですね♪
手芸やさん、もっと欲しいものは沢山ありましたが、ユーロの手持ちが少なかったので,,
沢山買ってカードと言う手もありましたね!

ゆうすげさんへ
お帰りなさい~~。ゆうすげさんの旅のご報告も楽しみにしていますね。
お父様もオリエント急行に乗ってイタリアの旅をなさったんですね、すばらしい!ゆうすげさんにとってもいい想い出のお話ですね。
コインの効き目、きっとありますから、次は是非イタリアへ...ですね♪

eikoさんへ
まあ、システィーナという名前の馬、礼拝堂からつけれたなんて、素敵ですね。
とても綺麗な名前ですものね~~
イタリアもどこへいっても街全体がすばらしい
所です。是非一度行ってみてください。
エンジエルちゃん達に沢山出会いました。
可愛い子ばかりでしょ?

2005/12/01 (Thu) 22:09 | swansea #bzk4crjo | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。