--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007_10
25
(Thu)21:58

大徳川展

tokugawa1.jpg

毎年10月はお仲人さんが出品されている美術展を見に上野へ出かけています。
今年は主人がお休みで帰ってきていたので,一緒に出かけ帰りに同じ
上野の国立博物館で開催されている”大徳川展”へ行ってきました。
平日でしたが、芸術の秋ですね...沢山の人でした。
tokugawa2.jpg

徳川将軍家、尾張徳川家、紀伊徳川家、水戸徳川家の全徳川家の至宝三百余点を一同に公開されるまたとない展覧会です。
パンプレットにもこの"大”にめぐり合うことは二度とないでしょうという
キャッチフレーズが!
260年あまり続いた江戸時代の貴重な歴史的遺産を沢山見ることができます。
なかでも一番興味深かったのは、家康が銅活字を作ったということも初めて知ったことですが、それが今も大切に残っているのを見て驚きました。
tokugawa3.jpg

これは友達に頂いた本です。徳川展を見る前後に読んだらしくより興味
深く展覧会を見ることができたといっていました。
私も今読んでいるところですが、言い伝えと違ったことも多々あるようで
面白いです。
senngaku1.jpg

本をくれた友達の希望で後日泉岳寺に行ってきました。
私も近くにいながら,一度も行ったがなかったのでいい機会だと思いました。
何度もドラマやお芝居になっている忠臣蔵のお話、この日は日曜ということも
あって結構人が訪れていました。
sengaku2.jpg

大石内蔵助の像。元禄羽織を身につけ、連判状を手にして東の空(江戸方向)をじっとにらんでいる姿を表したものです。
senngaku4.jpg

墓所の入り口です。この門は浅野家の鉄砲洲上屋敷(現・聖路加病院)の裏門で、明治時代に移築されたものです。
senngaku3.jpg

大石内蔵助のお墓です。
墓所には48の墓碑がありますが、討ち入りから300年余今も線香を供える人が絶えないという事です。
門を入ったところでは墓碑に供えるための線香が販売されていましたので
そこで,線香を買いそれぞれのお墓にお供えしてきました。
赤穂浪士のお話も5代将軍綱吉の時代のこと、先週は江戸時代に触れた2日
間でした...
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

芸術の秋ですね♪

swanseaさん、こんばんは
秋の夜長ですね・・・
無心に手仕事なさっているのかな?
尊敬申し上げますわ♪

さて大徳川展、規模が大きそうですね
女性より男性が好みそうな?
泉岳寺も同じくかな?
ご主人と歩く東京も素敵ですね~

私も都会のそぞろ歩きしてみたいです♪

2007/10/29 (Mon) 20:19 | すみれ #SgGigZII | URL | 編集 | 返信

No title

すみれさん、こんにちは。
最近はお出かけも多く、手仕事もはかどっていないのですが...
まして、夜は目が..という事で
全くできませんのよ~

徳川展、そうなんです!全部みるのにかなりの時間を要します。
いらしていた方はやはり若い方より
年配の方が多かったかな?
見ごたえがありました。
シャガールにムンクなど沢山の美術展が同時に開催されていますので、上野は凄い人になっています。

2007/10/30 (Tue) 13:27 | swansea #bzk4crjo | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。