--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007_10
03
(Wed)17:50

Miss Potter

mpo1.jpg

先週楽しみにしていた”ミスポター”を見てきました。
世界的に有名なピーターラビットの生みの親ベアトリクス・ポターの生涯を描いた映画です。
ちょっぴり悲しいシーンもありましたが、イギリス好き、アンティーク好きには楽しめた映画でした。
イギリスへは4回旅しましたが、今だ湖水地方は行ったことがありません。
ポターの意思を尊重しつつもやはり一度訪れてみたいと思いました。
mpo2.jpg

時代背景、インテリア、ファッションなども見逃せません~~。
少女時代のお部屋ではドールハウスで遊ぶシーンなどもあり、思わず
じっくり見てしまいました。
tabi11.jpg

イギリスへ一緒に行ったお友達とポターの映画の話をしていると、”旅”の本が今回ロンドンの特集よ~と言う情報を話してくれましたので、早速本屋さんへ...
まず表紙からとても惹かれるものが!
ラベンダー色にアンティークなミラー&カップ。
カップも空間に下げられていて斬新なデスプレイです。
tabi11-a.jpg

本の中に表紙のお店の紹介がありました。
ポートベローマーケットのそばに最近オープンしたティールーム。
ティールームで出された食器(すべてヴィンテージ)は気にいればその場で
購入できるのだとか..いいですね。
本を見ていると、すぐにでも旅にでたい心境になります。
2002年に行ってからはや5年、ロンドンも随分変わってきてるようです。
地下鉄は初乗り4£、4ポンドってほとんど1000円ですよ~??
信じられません~~、いきたくてこんなに£が高くてはお買い物も
できませんね。ユーロも高いですけどね...
秋の夜長、いろいろな本を眺めながら空想の世界で旅に出ることにしましょう~~☆
スポンサーサイト
«  HOME  »

C.O.M.M.E.N.T

お久しぶり♪

ゆうすげも今日「ミスポター」を見て帰ってきたところです。
ちょっと悲しいシーン。。。ドールハウスのシーン
湖水地方の風景 ピーターラビットと仲間たち
素敵な映画でした。
そして「旅」も出てすぐに購入しました。
ラベンダー色の表紙にかかれたロンドンのマーケットで。。。
これはもうつれて返らないわけにはいきませんでした。

湖水地方行きたいな~

2007/10/03 (Wed) 18:02 | ゆうすげ #CvGW3GPU | URL | 編集 | 返信

ポター!

わーい!
ワタクシも先週鑑賞してまいりました。
映画の間中~目が泳いでおりましたわ。
家具やらティーセットやら~何もかもが~素敵でv-10
ピーターラビット達も可愛くて~ポターの純真な少女心がそのままって感じですね。
悲しいシーンは、本当に辛かったんですけれど~湖水地方の素晴らしい景色に癒されて~しまいました。
ふぅ~~私も~あの丘を歩いてみたいなぁ~~v-77

2007/10/03 (Wed) 21:04 | きりちゃん #- | URL | 編集 | 返信

swanseaさん、おはようございます♪
この映画、私も観たいな~と思ってます。
お話を聞いているだけでも、ワクワクです。
でも、悲しいシーンもあるんですね。

旅という雑誌は知りませんでした。
こちらも、本屋さんでチェックしてみますね。
カップのディスプレイが、ほんと斬新ですね。
地下鉄の初乗り、そんなにお高いの~~?

↓ニードルブック、素敵ですね。
パンチングペーパーの存在も初めて知りました。
手芸屋さんに売っているのかな?
作品をささっと素敵に仕立ててしまうswanseaさん、さすがです♪

2007/10/04 (Thu) 08:15 | ありす #A.K16fmU | URL | 編集 | 返信

ゆうすげさんへ
こちらこそ、ご無沙汰しています。
レース編みは進んでいらっしゃいますか?
ゆうすげさんも映画をみて同じ感想をお持ちになったんですね!
やっぱりイギリス好きにはたまりませんね。
また”旅”の本もやっぱりすぐお買いになったんですね、
なんだか同じ気持ち、行動パターン(笑)で嬉しいです!
湖水地方は私もまだ行ったことがないので次回いけることがあれば是非予定に入れたいと思います。

2007/10/04 (Thu) 09:54 | swansea #bzk4crjo | URL | 編集 | 返信

きりちゃんへ
同じ日に映画を見ていたんですね。
そして、見る所は同じ!イギリス好きアンティーク好きとしては
見逃せませんよね!
あの時代はすきですぅ~~、悲しいシーンは"え~~~ッ”
って感じで以外でしたので、余計に涙が....
湖水地方、行ってみたいですよね。

2007/10/04 (Thu) 10:04 | swansea #- | URL | 編集 | 返信

ありすさんへ
この映画、きっとありすさんもお好きだと思います。
是非劇場でごらんになってくださ~~い♪
”旅”は本屋さんでフィガロのように平積みしていないし、
見つけにくいかもしれません。
アマゾンでも売っていたと思います。
来月号はパリの特集なんですよ、今から楽しみ~~
いつかいける日のために、いろいろ空想しながら雑誌を眺めていると楽しいですね。
ロンドンの地下鉄、£が高いのでそれくらいの計算になります。私が行った頃も200円くらいしたけどワンディパスなどを使っていたので、そこまで感じませんでしたけど...

パンチングペーパーはネットショップで買いました。
他にもいろんな形があるので試してみたいなと思っています。

2007/10/04 (Thu) 10:11 | swansea #bzk4crjo | URL | 編集 | 返信

遅ればせながら、私も見たいと思っていました、この映画!
湖水地方、素敵ですよね♪数年前に行きました!
自然の中でのんびりできてとても楽しかったです。ひとつ後悔しているのは、やはりレンタカーで移動したかったということ。バスを使えばそこそこ回れても、車のフットワークにはかないません。当時は右ハンドルでロータリーを回るのが怖くて車を借りなかったけどいまならいけそうです(笑)。

2007/10/04 (Thu) 18:09 | non #3lCNfF7A | URL | 編集 | 返信

nonさんへ
湖水地方へいらしたことがあるのですね。
フランスにお住まいの頃かしら?
コッツウォルズもそうですが、やはりレンタカーでまわるのが
ベストなんですね。
私はペーパーなのでダメですが、お友達に頑張ってもらわなくてはいけないかな...
映画はスト-リーもですが、それ以外のところでも十分
楽しめることが沢山ありました。
是非映画館へ足を運んでくださ~~い。

2007/10/04 (Thu) 20:57 | swansea #bzk4crjo | URL | 編集 | 返信

私もUPしようかと思っていました!!
ほんとうは、初日に行くはずだったのですが、お友達とのタイミングが合わず延びに延びて、やっと今週の水曜日に観ることができました。
ストーリーは、ずいぶん前ですが、『ビアトリクス・ポターの生涯』という本を読んで知っていたのですが、映像でみると感情表現など豊かに描いてあったので、またまた感動して泣けました。
ポターの仕事と恋愛が中心で、湖水地方の素晴らしさや環境保護運動については、期待したようには出ていなかったですけど、短い時間なので仕方ないですね。

イギリスに4回も行ってらっしゃるなんて羨ましい♪
でもイギリスといえば湖水地方は、はずせません。
ぜひ、今度は湖水地方へ行ってみてくださいませ。

2007/10/05 (Fri) 15:22 | kaku2 #FDFIuIL. | URL | 編集 | 返信

kaku2さんへ
映画見られたんですね。本も読まれていたならより中身の濃い映画になったでしょう。
ナショナルトラストの事以外は詳しい話は知らなかったので
ある場面ではうるうるきちゃいました...
そうですね、最後もこれでおしまい?って思う気持ちもありましたが、映画的にはここまでのお話の終わり方なのでしょうね。
ロケ地は実際は違う場所のようですが、湖水地方へは
いつか行ってみたいと思います。
スコットランドも行きたいな~~、£が安くならないと
イギリスは遠し...です!

2007/10/05 (Fri) 22:41 | swansea #bzk4crjo | URL | 編集 | 返信

なんだか素敵なHPにたどり着きました。
ミスポターもイギリスもアンティークも大好きです。
でもあまり情報収集能力に長けていないので、こちらのブログで「ふむふむ、なるほど・・・」と勉強させていただいています。また遊びにこさせてくださいませ~。

2007/10/09 (Tue) 17:37 | なのたん #- | URL | 編集 | 返信

なのたんさんへ
コメントありがとうございます。
HPへお邪魔しましたが、素敵なアンティークを
お持ちですね。
私も詳しいことはあまりわからないのですが、
好きの基準だけでコレクションしています。
あまりご参考にならないと思いますが、
いつでも遊びにいらしてくださいね。

2007/10/09 (Tue) 22:03 | swansea #bzk4crjo | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。