--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015_07
07
(Tue)21:20

平戸へ。。。

IMG_2558ーあ
帰省した折、学生時代の友達が車で平戸へ連れて行ってくれました。
写真は平戸ザビエル記念聖堂です。
この教会は1913年(大正2)に「カトリック平戸教会」として今の愛の園保育園の所に建ち、1931年(昭和6)に現在地に建設された。 1971年(昭和46)に1550年のザビエル平戸来訪を記念して教会脇に「ザビエル記念像」が建立され、教会の名称が「聖フランシスコ・ザビエル記念聖堂」と呼ばれるようになったが、近年、正式名称を「平戸ザビエル記念教会」と改めました。HPより
_MG_9621ーあ
街の中にレトロな町並みのところもありました。
_MG_9647ーあ
観光のポスターにもなっている、寺院と教会が見える風景
_MG_9652ーあ
松浦資料博物館の近くには足湯、うで湯があったので、こちらで一休み~。気持ち良かったです。
_MG_9654ーあ
近くにはこんな像もありました。
IMG_2469ーあ
むこう側いは平戸城が見えます。
IMG_2543ーあ
帰りに寄った、田平天主堂
田平(たびら)教会は、明治19年(1886)以降、黒島と出津(外海)から移住して来た信者が造り上げた。両地域とも潜伏キリシタンが多かったが、明治になってカトリックに復帰し、フランス人神父が常駐して教会も建てられた。その後、人口が増えると、神父が田平に土地を購入して数家族が移り、次第に移住者が増えていった。

最初は民家を仮聖堂としていたが、本格的な教会の建設を計画する。信者の積立金に県内各地での募金やフランス人篤志家の大口寄付を加えて資金を調達し、信者の献身的な労働奉仕により、大正7年(1918)に念願の教会ができた。設計施工は鉄川与助で、多彩なレンガ積み手法、ススを塗った黒レンガによる装飾など、与助のレンガ造教会の最高峰とも言われる。正面には八角形のドームを頂く鐘塔がそびえ、内部のリブ・ボールト天井も本格的である。
IMG_2541ーあ



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。