--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015_07
03
(Fri)10:18

出島

_MG_9533-a.jpg
ランチのあとは市電に乗って出島へ行きました。

元亀(げんき)2年(1571)、ポルトガル船1隻、ポルトガルがチャーターした唐船1隻の合計2隻の入港によって長崎港は開港。以後、毎年のようにポルトガル船が訪れるようになり、長崎はポルトガル貿易港として急速に発展していきました。
幕府は、キリスト教の布教を阻止するために当時市内に雑居していたポルトガル人を収容する島をつくりました。これが出島です。出島は、寛永13年(1636)に「出島町人」と呼ばれる25人の町人の共同出資によって完成した人工の島で、この25人の町人たちはいずれも長崎を代表する豪商でした。
出島は、海を埋め立てて築いた島ということから「築島(つきしま)」、その形状が扇型をしていたことから「扇島」とも呼ばれていましたが、海の中に島をつくるという発想、工事の設計・監督にあたった人物、その土木技術の詳細については、現在でも謎に包まれています。(出島HPより)ご興味のある方はこちらをご覧下さい
_MG_9539-a.jpg
わかりやすい出島の模型がありました。
_MG_9550-a.jpg

_MG_9551-a.jpg
壁紙なども再現されています。
_MG_9552ーあ
当時の様子が再現されたミニチュア
_MG_9553-a_20150703101600828.jpg

IMG_2440ーあ
出島からまた市電に乗りグラバー園を目指します。
こんな可愛いチェックの市電がありました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。