--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014_10
24
(Fri)19:59

カルチェ・ラタン散歩 (ウィーン&パリの旅  33)

P1100177ーあ
シフォンケーキのお店”Ceil”のお店の方に素敵なお菓子屋さんが近くにありますよと教えて頂いた
”Le Bonbon au Palais"
伝統を誇るフランスの地方名産のお菓子がずらりと並ぶ貴重なお店です。
美しいガラスの瓶に入ったボンボンやキャラメルなどカラフルでお店に入った瞬間ときめいてしまいますね。
P1100176ーあ
お店の奥にもお菓子がいっぱい!
P1100179ーあ
少し前に日本のTVが取材にきたよ~と話してくれたオーナーのジョルジュさんです。
番組名をきいたのですが、それはわからないとのことで残念でした~。
一緒に記念撮影もしていただきました。
P1100181ーあ

外から見えるウインドーにはギモーブがずらり~。
たくさんテイスティングさせていただき、丁寧に説明してくださいました。
P1100180ーあ
お店の外観はこちらです。
P1100182ーa

P1100183ーあ
”au nom de la rose"パリ市内に25店舗以上あるというバラの専門店でチョコレートを買いました。
P1100184ーあ
セーヌ河沿いを、ノートルダム方面へ歩きました
IMG_6422ーあ
ノートルダム大聖堂の対岸にルネ・ヴィヴィアニ公園という小さな公園があります。
その公園の片隅に、パリで一番古いと認定されている大木がありました。
IMG_6419ーあ
アンリ4世の庭師ジャン・ロバンがアメリカ大陸から持ち帰り、1601年に植樹したニセアカシア。2011年の測定で高さ11m、幹周3.85mという札もついています。かなりの樹齢なので幹の一部がコンクリートで補強されたりしています。
IMG_6424ーあ
”シェークスピア・アンド・カンパニー”
IMG_6425ーあ
パリ5区、セーヌ川左岸にある書店。本の販売だけでなく、1万冊の蔵書を持つ英語文学専門の図書室も併設している(閲覧のみ)とのことです。
P1100188ーあ
次に向かったのはパリで一番狭い道、幅1.8メートル
P1100187ーあ
「Rue du chat qui pêche:リュ・デュ・シャ・キ・ペッシュ」、
訳して「釣りする猫通り」だそうです。。・・
P1100189-a.jpg
新しい発見があって、パリはやっぱり何度も行きたくなる街、散歩は続きます!
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

この人!!

BSの番組だったと思いますが、どうしてお菓子屋さんになったかなどのエピソードをお話されていました。
そしてパリにお店を出した時にお母さんの知らせないでいて、サプライズさせてことなど感動的なおはなしでしたよ~。
すごく人気のお店らしいですね!!
カルチェラタン界隈はあまり知らないので,swanseaさんのレポートでワクワクさせていただきました。めるし~~~(^3^)chu☆

2014/10/27 (Mon) 12:16 | きりちゃん #- | URL | 編集 | 返信

きりちゃんへ

きりちゃん、こんばんは~。
お返事が遅くなってごめんなさい。

やはりBSの番組だったんですね~、番組名は覚えていらっしゃいますか?
素敵な内容のお話だったんですね、見たかったです。
そう、とても人気のお店のようです、私が持っているパリの本にも紹介されていました。
カルチェラタン界隈、もっといろいろ素敵な場所があると思いますが、すこしでもお役に立てたら幸いです。私ももっと知りたいな~と思いました。
やっぱり、パリは魅力がいっぱいの街ですよね~♬

2014/10/29 (Wed) 19:58 | swansea #bzk4crjo | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。