--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014_10
09
(Thu)20:49

ライレローズ  (ウィーン&パリの旅  29)

IMG_6353ーa
パリ到着翌日はパリ郊外にある「ライ・レ・ローズ」のバラ園へ行きました~。
地下鉄7号線でPorte d’ltalie まで行き、そこから184番または186番のバスに乗り、l'Hay-les-Roses Sous-Prefecture Egliseで 下車します。
、ヴァル・ドゥ・マルヌ県のバラ園。ここはボンマルシェを退職した ジュール・グラヴロー氏が1894年にバラのコレクションを趣味としてはじめたのがきっかけで今では3200種のオールド、珍種のバラが栽培されています。バラは見るからにピンク系が多くバラのアーチにウッドチェアー、天使のモニュメントなどロマンチックな風景は、中世にタイムスリップしたかのようです!!また目の前にある公園も広々しているので、うっとり&のんびりなピクニックに最適な場所ですよ。 (説明文はネットからお借りました)
P1100140-a.jpg
バス停を降りて、少し歩くとライレローズの看板が見えたのでそちらの方へいくと、こんなインフォメーションの近くで並んでいる人たちを発見、バラ園へ入るのを並んでいるのかな?と思いしばらく私たちも並ぶことに。。。
しかし、どうもおかしい???とお友達が近くにあった建物のへ行って聞いてくれたら、バラ園はこちらではないとのこと、
そういえばあるいていると道の反対側にバラが見えた。。。!と思いました。
教えて頂いた通り歩くと
P1100142-a.jpg
入口がありました。
IMG_6340-a.jpg

IMG_6343-a.jpg

IMG_6347-a.jpg
たくさんのバラに出迎えられましたが、ここまだ公園の部分です。
P1100145-a.jpg
こんな広大な緑のなかを歩いてバラ園の入口へ。。
P1100147-a.jpg
グリーンの部分は公園です。バラ園は有料なのですが、この日は無料のようでした。
IMG_6405-a.jpg
入口にあったポストカードなどの紹介、バラ園の人が見つからず、結局購入できませんでした。。(残念)
バラ園の中へ続きます。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。