--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013_07
11
(Thu)13:01

VOl.8   マレ地区へ

P1040845-a.jpg
サンポールの駅から、今回はヴォージュ広場、カルナバレ博物館を目指しました・
写真はカルナバレのお部屋の一部です。
壁の装飾、シャンデリア、調度品など、ため息ですね。
P1040830-a.jpg
駅を降りて、目に入ったのがサンポール・サンルイ教会

この教会はパリにあるイエズス会様式のものとしては、カルメル会教会についで古いものです。教会は1627年から1641年にかけて建造され、その土地を提供したルイ13世に敬意を表して、聖ルイを守護聖人とすることになったのです。設計上の模範となったのは、典型的なバロック建築のローマのジェズ教会です。

P1040831-a.jpg
素敵なお花屋さんの前で思わずパチリ♪
P1040835-a.jpg
新緑の並木にクラシックな街燈、カフェの風景~パリを感じます。
P1040837-a.jpg
ヴォージュ広場につきました~。
1612年、「パリを世界で一番美しい街にしたい」という思いでアンリ4世が造ったという、パリで最も古い広場です。

P1040838-a.jpg
広場を取り囲む建物はアーケードになっていて、紅茶のダマン・フレールがありました~。
缶や鉄瓶がオシャレですね~。
P1040840-a.jpg
ヴォージュ広場から、2度きて2度とも閉まっていた「アントレ・テ・フルニスール」3度のの正直でやっとお店へ入ることができました~。
P1040842-a.jpg
IMG_3270-a.jpg
お買いものはレースとリボン、タッセルを少しずつ。。。
P1040843-a.jpg
カルナヴァレ博物館へ。。
1548年にパリ市議会議長だったジャック・デ・リニュリ伯爵のために建てられ、その後何度か持ち主が変わりその度に改装が行われた後、1866年パリ市がパリの歴史を紹介する美術館を作るために買い取り現在に至ります。
常設展は無料で見ることができます。
P1040862-a.jpg
かつてパリの街並みを飾っていた、素敵な看板が沢山ありました~。

P1040844-a.jpg

P1040856-a.jpg

P1040865-a.jpg
建物を出て、庭園を見学しようとおもったら、入り口がしまっていました。
2009年には美術館と知らず庭園に入り感激したのでした~。
P1040864-a.jpg
格子の間から写真を撮りました~。薔薇がきれいに咲いているのに残念でした....
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

No title

swanseaさん、こんばんは♪
またまたオシャレなパリの写真の数々… どれも素敵で溜め息が出てしまいます。
博物館のお部屋のお写真、壁の装飾、シャンデリア、調度品… 本当に素敵ですね〜。
色合いもデザインも、あちらならではで、間近で見たら、うっとりでしょうね(*^^*)
教会も素敵だし、お花屋さんのオシャレなこと♪
新緑のお写真は、ポストカードみたいです。
やっと入れたお店も素敵ですね。お買い物もswanseaさんらしくて素敵なモノばかり♪
薔薇も、格子からお写真を撮って下さったおかげで見れました!色合いや仕立て方が素敵ですね。

2013/07/11 (Thu) 21:20 | ありす #A.K16fmU | URL | 編集 | 返信

ありすさんへ

ありすさん、こんにちは~。

写真、被写体がいいのでどこを撮っても絵になる風景ですね~。
博物館、こんな素敵なものが無料で見られるなんて、素晴らしいですよね。
日によってクローズのところもあるようなので、何度か行けたらいいなと思います。

お花やさんは、バラ専門店だったかも?とおもうのですが。。。
ほんとにおしゃれですね。
念願の手芸やさん、やっと中に入ってお買いものができて、よかったです。
やはり好きな色のものばかり買ってしまいますね(笑)

庭園は今回中に入ってみれなくて残念でしたが、格子が大き目だったのでカメラの望遠で撮りました~。
建物とマッチして素敵ですね。

2013/07/12 (Fri) 15:27 | swansea #bzk4crjo | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。