--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013_07
02
(Tue)11:03

vol.2 パス・ナヴィゴ・デクーヴェルトを作る  

P1040675-a.jpg
パリ到着翌日はまずオペラ駅でナビゴ(ICカード式パス)を作ろうとホテルを出発しました。

P1040638-a.jpg
ホテルからオペラまで行く間に通った道ですが、アールヌボー風のファザードがすてきなホテル、入り口にお水をまき清掃していました。
窓辺のお花の赤、ポストの黄色、道のお花の紫、アイボリーのホテルの外壁にはえていますね。

P1040639-a.jpg
ヴァンドーム広場、昨年秋もどこか工事をしていたような。・。・・
右端は工事中の壁です。

P1040673-a.jpg
途中、通りすがりのパンやさんで朝食をいただきました~。
元気になるように、ポム(アップル)のパンと小さなパン(名前は忘れました~)を。。。!

IMG_3120ーあ
今回初めてナヴィゴを作りました。
日本から写真はもっていきました。
窓口でナヴィゴ(5ユーロ)を買い、1週間分の1~2ゾーン分の料金19.15ユーロをチャージしてもらいました。
1週間用の場合、月曜日まら日曜日までの定期券となり、前の週の金曜日からその週の水曜日までチャージ可能です。
パリ市内の移動ならゾーン1~2で大丈夫です。
次回パリへ行くことがあってもチャージさえすればまた使えるのが便利です。
地下鉄、バスが乗り放題となります。

一緒に行ったお友達が、いざ購入するときもっていたはずの写真が見当たらず。。。
とりあえず、購入だけしてあとで写真を貼ることに。。。
P1040676-a.jpg
バスに乗るため、サンらザール駅まであるきました。
TGVやたくさんの路線が乗り入れるサンザラール駅に新しくショッピングモールができたと知り、楽しみにしていました。
この駅でインスタント写真の機会を発見!
ナヴィゴ用サイズの写真も撮れそだったので挑戦!
小さなサイズを選んだはずなのになぜかパスポートサイズの写真が出てきました~。(汗)
その後ある駅でICが反応しなくなり、。窓口へ。。。
そこで、窓口のひとが大き目の写真で対応してくれ、ほっと一安心。

で、もっていたはずの写真はホテルでバックを逆さにし、振ってみたら~~~
ありました!よかったね♪
P1040677-a.jpg
オランダの雑貨やさん「HEMA」
P1040678-a.jpg
さていよいよバスですが、目的地のバガテル公園へは43番のバスに乗るのですが、バス停の場所がわからず探しました。
P1040680-a.jpg
バスの中から撮った写真、バラがきれいです・
P1040681-a.jpg
行きかたを検索したとき、バスの終点の一つまえでおりて歩くとあったので、その通り一つまえの
Place de Bagatelle で下車しました。
バス停そばのスーパーです。陳列がきれいですね~。
P1040682-a.jpg
公園へ行く道でであった風景。。アイアンに赤いポピーが綺麗でした。
資料には徒歩5分とありましたが、それ以上かかったのでは??(知らない道は遠く感じますね)

バガテル公園へ続く・・・・
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

No title

swanseaさん、こんばんは^^

地下鉄とバスの一週間券、便利ですよね~♪
パリの街並みも懐かしいです。
地下鉄駅もリニュアルされて、素敵になったのですね。
オランダの雑貨屋さんも、地下鉄構内にあるの?
バガテル公園のバラも綺麗だったでしょ~
また行きたいです♪
薔薇の季節にパリ、素敵ですね^^
続きも楽しみにしています♪

2013/07/02 (Tue) 22:23 | yuu #- | URL | 編集 | 返信

yuuさんへ

yuuさん、こんにちは~。

yuuさんもナヴィゴ、おもちなんですね~。
2009年に行ったときは、ナヴィゴに移行途中でしたし、昨年は回数券で間に合ったのでつくりませんでした。
今回作ってみて、改めて便利だな^と思いました。

サンラザールの駅はSNCFの方の建物がショッピングセンターになっています。
オランダの雑貨屋さんはこのショッピングセンター(写真)にありました。

バガテル公園のバラ、まだつぼみが沢山ついているお花もあったけど、きれいでしたよ~。
薔薇の季節のパリ、どこも素敵でした~。
旅行記、お付き合いいただけると嬉しいです。

2013/07/03 (Wed) 14:00 | swansea #bzk4crjo | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。