--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013_01
21
(Mon)16:45

ベルギ・フランスの旅 vol.19(パリ編)

P1010056-a_20130121150120.jpg
お友達と合流した後は、ジャックマール・アンドレ美術館へ向かいました
この邸宅は、1869年にエドゥアール・アンドレとネリー・ジャックマール夫妻のために建てられました。夫妻はイタリア・ルネッサンス、18世紀フランス、そしてオランダなどの絵画作品とともに、美術工芸品や家具、タピスリーをはじめとする調度品にいたるまで、美しさを見極める目を持った優れた収集家でした。
P1010054-a.jpg
ちょうど、こちらの企画展は始まったばかりでした。
イタリア、ベニスの絵のようです。
P1010057-a_20130121150123.jpg
チケット売り場で少し並びました。こちらの建物が美術館です。
右のテラスが見えるところが併設のレストランです。
img226-a_20130121150216.jpg
すいているうちにと先にレストランでランチをすることにしました。
レストランも写真NGといわれたので、こちらはガイドブックの写真です。
ナポレオン洋式の椅子がすてき!
アンドレ家の代々のダイニングだったところです。
imgp3656-a.jpg
キッシュのプレートランチをオーダー、こちらも写真はありません。
デザートはケースに幾種類か入っている中から選ぶのですが、ちょうど私が食べたものが美術館のサイトにのっていたのでお借りしました。
1---c-sofiacome_6b.jpg

1---c-s_-lloyd_3b.jpg


美術館のなかも写真はNGでしたので、こちらも美術館のサイトからお借りました。


1---salon-des-peintures-c-studio-sebert-photographesb.jpg
3---salon-des-tapisseries-c-s_-lloyda_20130121170339.jpg

P1010059-a.jpg
次に向かったのはニッシム・ドゥ・カモンド美術館です。
1911年に建てられたもので、当時のパリの銀行家、モイス・ドゥ・カモンド伯爵の個人邸宅で、ヴェルサイユ宮殿敷地内にある、マリー・アントワネットのお気に入りだった離宮、プチ・トリアノンを真似て造られた建物です。
img227-a.jpg
華やかで洗練されたルイ15,16世時代の貴族趣味でまとめられたインテリアは、各サロンごとにテーマカラーで分けられています。

img228-a.jpg
写真はなかったので、2枚ともポストカードです。
華やかなころのパリが感じられる、邸宅の美術館、どちらも素敵でした。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

No title

swanseaさん、こんばんは~♪

前回、並んでいる途中に雨が降りだして。。。
断念した、ジャックマール・アンドレ美術館。
やっぱり素敵ですね~♪
次回は絶対に行かなくちゃ~^^
もう一つの美術館も良かったですか?
今回のswanseaさんの旅で、行きたい場所がいっぱい☆
いつ行かれるか分らないけど、素敵な情報ありがとう♪

2013/01/21 (Mon) 23:19 | yuu #- | URL | 編集 | 返信

yuuさんへ

yuuさん、こんばんは~。

前回、断念されて残念でしたね。
ジャックマール・アンドレとニッシムは近いのでぜひセットでお出かけください。
サンポールから近いコニャックやカルナバレもおすすめです。
この界隈は楽しいですね。

パリはまだまだ行きたいところがいっぱいですよね~。
私もまた機会があれば~と楽しみにしています。

2013/01/21 (Mon) 23:42 | swansea #bzk4crjo | URL | 編集 | 返信

Parisには本当にたくさんの美術館があって、
美術館巡りだけで旅行日程を全て埋めることも出来ますよね。
そんな贅沢な旅もいつかしてみたいなぁ。
遅い時間まで開いているのは、日本の美術館も見習って欲しいです。
美術館やレストランも元宮殿だったり貴族の邸宅だったり。
鑑賞や食べるだけじゃなく、
同時に色んな楽しみ方が出来るのも魅力ですね。

2013/01/22 (Tue) 12:44 | みもざ #9g6RMSYQ | URL | 編集 | 返信

みもざさんへ

みもざさん、こんにちは~。

そう、パリはたくさんの美術館があって時間がたりませんね~。
美術館巡りだけを楽しむなら、冬がおすすめかも?ですね。
バーゲンもありますし、お花が見たとかいう誘惑もないので。。。(笑)
曜日によって、夜遅くなで開館しているのはありがたいですよね。
地元のひとにも観光客にもいいですね。
オルセーのレストランは特に素敵でした~。
邸宅の美術館は室内のインテリアやコレクションの絵画、彫刻まで楽しめて
大満足でした~。
コニャックジェイは無料というのも嬉しいです。
ぜひ、パリの旅へお出かけくださ~^い。

2013/01/22 (Tue) 17:11 | swansea #bzk4crjo | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。