--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013_01
09
(Wed)00:00

八重の桜

P1020432ーあ
6日からNHKの大河ドラマ「八重の桜」が始まりましたね。

新島八重は、同志社の創設者・新島襄の妻で、幕末の戊辰戦争では、女丈夫として銃をとり、襄と結婚後は同志社で新時代を築き,晩年は赤十字篤志看護婦として活躍したという、まさに激動の時代を全力で生き抜いたたくましい日本女性です。(同志社パンプレットより)

その新島襄と八重が暮らした住まいが公開されていると知り、行ってきました。
2013年12月までは特別公開となり、インターネットによる予約申し込みが必要になります。
ご興味のある方は、同志社大学ホームページの「新島八重と同志社特別サイト」から予約してください。
P1020395-A.jpg
新島旧邸見学はこちらの椿が咲いている垣根があるところが入り口でした。
各お部屋の説明文はパンプレットより引用しています。


P1020401-A.jpg
当時の京都の民家では土間形式が一般的でした。これを用いず、床板をいっぱいに張り、その上に流しを置いています。井戸も室内にあります。

P1020403ーあ
玄関右の18畳ほどの洋間、当時の椅子、テーブルがそのまま置かれています。教室、職員室、会議室、大学設立募金事務室,教会の集会室など多目的に使われていました。
東南の隅には暖炉があり、当時としては画期的なセントラルヒーティングになっています。
P1020405ーあ
八重さんが愛用していたオルガン
P1020409ーあ
新島の死後、八重は1階洋間を改装して「寂中庵」を作りました。この茶室は、会津出身の八重が新島の死後に洋風の生活から純和風の生活へと回帰していったことを物語ります。
P1020413ーあ
東南角の部屋、新島が使った机も当時のまま残っています。壁一面に書棚があり、8割が洋書でした。同志社の学生は図書館のように自由に利用していたといわれています。
P1020417ーあ
和に洋を取り入れた板張りの腰掛式トイレで、この種のトイレとしては日本では初期のものと言われています。
P1020421ーあ
P1020423ーあ
IMG_1290-A.jpg
こんなパンプレットもいただきました。帰りに同志社大学へゆかりの建物を見学にいきました。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

No title

swanseaさん、こんにちは~!

私も「八重の桜」を楽しみにしていた一人です(*^_^*)
NHKでも番組の紹介に
この新島邸も紹介されていて、
わぁ!ステキ!!e-51と思っていました。
質素な中にも洋風のセンスが光っていますね。
直に見学出来たのですね~~♪

こちらの小学校の修学旅行は会津若松方面・・・というのがお決まりだったので
鶴ヶ城や赤べこのシーンなど懐かしく思い出してました~~(*^_^*)




2013/01/09 (Wed) 14:53 | ちまちゃん #l.rsoaag | URL | 編集 | 返信

ちまちゃんへ

ちまちゃん、こんばんは^。
ちまちゃんも「八重の桜」楽しみにされていたんですね!
NHKの番組紹介、私も見ました~、綾瀬はるかさんもここを訪れていましたね。
京都にあるので、これはぜひ!と早速予約をして行ってきました。
これからの1年見学に訪れる人はとても多くなると思います。

ちまちゃんのお住まいのほうでは小学校の修学旅行、会津若松方面なんですね。
大河効果が期待できますね~。
1年間、楽しみに見たいと思います。

2013/01/09 (Wed) 21:04 | swansea #bzk4crjo | URL | 編集 | 返信

中を拝見♪

swansaeさん、おはようございます
今年もよろしくお願いします

楽しみにしていた「八重の桜」第一回目は、、、
京都からの帰宅途中でまだなんですよ・・・

放送が決まったあたりに、こちらまでトボトボ
歩きました
中は想像するだけでしたが、10年間のアメリカ暮しで
洋風の暮らしが身についていたのでしょうね♪
先見の目が随所にありますね~ありがとうです

今年もswanseaさんの素敵な世界を楽しみにしています
よろしくお付き合いくださいね

2013/01/10 (Thu) 10:42 | すみれ #- | URL | 編集 | 返信

すみれさんへ

すみれさん、こんにちは~。
こちらこそ、今年もよろしくお願いします。


新島旧邸、放送が決まったころすでにいらしていたのですね~。
さすが!すみれさんです☆
9月から予約公開になっていたようですね。
なかはご覧になれなくて残念でしたね。

欧米風の暮らしが身についていた襄ゆえの住まいですね。
当時にセントラルヒーティングや洋式トイレなど、
すみれさんがおっしゃるようにまさに先見の目があったということですね。
ドラマも1年間、楽しみです。
私のほうこそ、今後もよろしくお付き合いくださいね~。





> swansaeさん、おはようございます
> 今年もよろしくお願いします
>
> 楽しみにしていた「八重の桜」第一回目は、、、
> 京都からの帰宅途中でまだなんですよ・・・
>
> 放送が決まったあたりに、こちらまでトボトボ
> 歩きました
> 中は想像するだけでしたが、10年間のアメリカ暮しで
> 洋風の暮らしが身についていたのでしょうね♪
> 先見の目が随所にありますね~ありがとうです
>
> 今年もswanseaさんの素敵な世界を楽しみにしています
> よろしくお付き合いくださいね

2013/01/10 (Thu) 16:16 | swansea #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。