--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012_11
14
(Wed)22:49

天空の城・竹田城跡

ーaIMG_0392
10月末、主人に兵庫県にある竹田城跡に連れていってもらいました。
9月から11月くらいにかけての早朝、雲海がみれると知り、明け方自宅をでて車で向かいました。

竹田城跡は、天守台を中央に南千畳・北千畳・花屋敷が放射線状に配され、城の築かれている山全体が、虎が臥せているように見えることから「虎臥城(とらふすじょう・こがじょう)」とも呼ばれています
標高353.7メートルの山頂に位置する竹田城跡は、嘉吉年間(1441-43年)に但馬の守護大名・山名宗全が基礎を築いたとされ、太田垣氏が5代にわたって城主となりましたが、織田信長の命による秀吉の但馬征伐で天正8年(1580年)に落城。最後の城主・赤松広秀が豪壮な石積みの城郭を整備したと言われます。

 縄張りの規模は南北400メートル、東西100メートルにおよび、完存する石垣遺構としては全国屈指のもので、平成18年には日本城郭協会により「日本100名城」に選定されました。自然石を巧みに配置した近江穴太衆による石垣は、400年を経た今でも当時の威容を誇っています。

 また、竹田城跡周辺では秋から冬にかけてのよく晴れた早朝に朝霧が発生し、但馬地方の風物詩となっています。雲海に包まれた竹田城跡は、まさに天空に浮かぶ城を思わせ、この幻想的な風景を一目見ようとたくさんの人々が訪れます。

(朝来市HPより説明文をお借りしました
P1010704-a.jpg

IMG_0390-a.jpg

P1010683-a.jpg

P1010711-a.jpg
反対側の立雲峡からみた竹田城(望遠で撮りました)
takeda.jpg
朝来市のHPからお借りした画像です。
こんな、お城の周りを囲むように発生する雲海が見たかったのですが、この日は見ることができませんでした~。
P1010713-a.jpg
肉眼ではこれくらいの大きさで見えています。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。