FC2ブログ
2013_09
15
(Sun)12:03

vol.16 ナポレオン3世の居室 Ⅰ

IMG_2700-b.jpg
ナポレオン3世の居室はルーブル美術館リシュリー翼2階にあります。
1856年から61年にかけて、ルーヴル宮とチュイルリー宮をつなぐために造られました。

今回の旅でのルーブル美術館の目的はこちらのみに絞りました。
ナポレオン3世は、ナポレオン1世(ナポレオン・ボナパルト)の弟の息子、甥が実際に住んでいた場所です。
19世紀半ば、ナポレオン3世は、当時のセーヌ県知事「オスマン」に命じて、中世都市のままだったパリの再開発を行った事で有名です。(オペラガルニエの建設を命じたのも)
現在のパリの街並みはポレオン3世によって整備されたものです。

ナポレオン3世の居室は、大サロン、小食堂、大食堂など、複数の部屋から構成されています。1980年代まで大蔵省の建物としても利用されていました。
ワイン色のソファーと黄金の壁、シャンデリアのまばゆい光、その豪華さに溜息。。。

続きを読む »

スポンサーサイト