2015_07
07
(Tue)21:20

平戸へ。。。

IMG_2558ーあ
帰省した折、学生時代の友達が車で平戸へ連れて行ってくれました。
写真は平戸ザビエル記念聖堂です。
この教会は1913年(大正2)に「カトリック平戸教会」として今の愛の園保育園の所に建ち、1931年(昭和6)に現在地に建設された。 1971年(昭和46)に1550年のザビエル平戸来訪を記念して教会脇に「ザビエル記念像」が建立され、教会の名称が「聖フランシスコ・ザビエル記念聖堂」と呼ばれるようになったが、近年、正式名称を「平戸ザビエル記念教会」と改めました。HPより

続きを読む »

スポンサーサイト
2015_07
04
(Sat)06:00

グラバー園へ

_MG_9601-a.jpg
貿易商であり、グラバー商会を設立したトーマス・ブレーク・グラバーが住んでいた日本最古の木造洋風建築。
1961年(昭和26年)6月7日、主屋・附属屋が国の重要文化財に指定。

雨が降るこの日、紫陽花が綺麗でした。

続きを読む »

2015_07
03
(Fri)10:18

出島

_MG_9533-a.jpg
ランチのあとは市電に乗って出島へ行きました。

元亀(げんき)2年(1571)、ポルトガル船1隻、ポルトガルがチャーターした唐船1隻の合計2隻の入港によって長崎港は開港。以後、毎年のようにポルトガル船が訪れるようになり、長崎はポルトガル貿易港として急速に発展していきました。
幕府は、キリスト教の布教を阻止するために当時市内に雑居していたポルトガル人を収容する島をつくりました。これが出島です。出島は、寛永13年(1636)に「出島町人」と呼ばれる25人の町人の共同出資によって完成した人工の島で、この25人の町人たちはいずれも長崎を代表する豪商でした。
出島は、海を埋め立てて築いた島ということから「築島(つきしま)」、その形状が扇型をしていたことから「扇島」とも呼ばれていましたが、海の中に島をつくるという発想、工事の設計・監督にあたった人物、その土木技術の詳細については、現在でも謎に包まれています。(出島HPより)ご興味のある方はこちらをご覧下さい

続きを読む »

2015_06
27
(Sat)13:44

長崎へ。。。

IMG_2422ーあ
九州へ帰省中、横浜のお友達が長崎へ旅行に来てくれました。
まずはランチしてから観光へということで、何度か行った「よひら」へ。。。
落ち着いた素敵な空間が広がっていました。

続きを読む »

2015_06
22
(Mon)10:57

ハウステンボスⅢ

_MG_9508-a.jpg
ハウステンボス、日が暮れてライトアップされる頃も素敵でした。

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。